第98回全国高校サッカー選手権三重県大会1回戦(vs名張青峰)結果

【第98回全国高校サッカー選手権三重県大会1回戦(vs名張青峰)結果】
日時:10月14日(月)10:00kickoff
場所:四日市中央フットボール場Cフィールド(人工芝)

《メンバー》
スタメン  :谷口,一丸,奥山,林,猿渡,倉本,高山,岸上,宮本,勝田,世古
バックアップ:山口,山田,川口,橋場,市瀬,髙木,鈴木,伊藤

《試合結果》
久居農林 3(1-1 2-0)1 名張青峰
交代)
50m岸上→橋場,60m倉本→山口
得点)
8m●,37m○PK岸上,46m○CK~OG,75m○世古

《コメント》
10月12日の台風19号により高校選手権三重県予選も土曜日が順延となり、月曜日に日を移した。試合当日は曇時々雨な天候ではあるが、風もさほど強くなく人工芝のためサッカーに大きな影響は受けなかった。Wup前に「勝負を決めきれなかった総体1次T負けからリーグ戦を経て、今日は勝負に強い気持ちを持って戦おう」「野球部等の沢山の声援がある。その声援に我を失わずに、しっかり守備意識を高めること」「セーフティーリードの3点を奪うこと」を伝えて試合に向かわせた。試合開始からチャンスがあったが決めきれない。それでも良いテンポで試合には入れた。しかし8mに相手のサイド攻撃からクロスをあわされ失点。それでも落ち着いて流れを伺う。焦ることなく短長織り交ぜてパスをして相手ゴールに向かう。ゴール前の崩しでも人数をかけれていた。あとは決めるだけであった。PKもそのような攻撃の結果生まれた。HTでは前半以上にボールを大切にする点を強調し、延長戦も辞さない姿勢を伝える。途中、ケガから練習復帰が近くて練習日数が少なくゲーム感の乏しい倉本が足をつるアクシデントがあったものの、後半40分間を戦い続けた。3点目が遅かったものの無事に勝利できた。シュート23本で3得点・・・。
本校野球部・保護者・OB等の応援はすごかった。試合終了後の勝利のチャントは本当に嬉しかった。さらに津工業時代に教えていた者達(弟が久居農林サッカー在籍している)が顔を出してくれた。沢山の人達に囲まれて、選手権の大きさを改めて感じた。
また試合後には第2試合の審判があった。顧問の近藤が主審、副審を山口・山田そして第4審を猿渡の3年生でおこなった。ここにも目を向けて欲しい。審判資格を持った1年生にさせる方法もある。しかし久居農林では3年生に担当してもらう。選手達の人生を担う公式戦で最大限のサポートをしたい。高校生を高校生がジャッジする。人間力を兼ね備えた3年生に信頼を持って託(たく)す。1・2年生も3年生のその姿を敬(うやま)い、実り多い3年間を過ごそう。嫌な顔せずに受け入れてくれた3年生達に感謝をしたい。
さあ2回戦も頑張ろう!中間テストもね(笑)(近藤)
image3.jpg
image4.jpg
image5.jpg
image8.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント