第16回高円宮U18三重県リーグ3部2019CS(vsいなべ総合学園2nd)試合結果

【第16回高円宮U18三重県リーグ3部2019CS(vsいなべ総合学園2nd)試合結果】

日時:9月28日(土)16:00
場所:四日市中央工業高校グランド(人工芝)

《メンバー》
スタメン  :谷口、一丸、奥山、林、猿渡、宮本、倉本、岸上、市瀬、勝田、世古
バックアップ:山口、川口、橋場、髙木、高山

《試合結果》
久居農林 4(2-0 2-0)0 いなべ総合学園2nd
交代)
10m一丸→川口,HT市瀬→橋場,45m倉本→高山,50m岸上→山口,65m谷口→髙木
得点)
1m○勝田,5m○岸上,41m岸上,54m○高山

《コメント》
後期リーグをA組三位で終えた。県2部昇格は県3部から4チーム。A・B組上位2チームづつが昇格確定である。しかしセカンド・サードチームが上位に入っている場合、上位リーグ(県1部,県2部)の結果次第で昇格の権利を得られない。その場合、A・B組上位3位以下のチームに昇格権が回ってくる。このCSはその昇格権の順位を決める試合である。しかし、今年の県3部は上位6チームに三重高3rd、四中工3rd、いなべ2ndが入っている。県2部の結果からA・B組上位3位以内は昇格確定である。県1部(東海プリンス入れ替え戦を含む)の最終結果次第ではA・B組4位のCS勝者にも昇格権が回ってくる。久居農林はこの日のCSの結果に関係なく来年度の県2部昇格を決めていた。リーグを終了し、さらに体育祭直後である。気力・体力共に厳しいところであったが「A組3位としてB組3位に負けることはできない。A組の優位を証明するために頑張ろう」と鼓舞して戦った。
立ち上がり早々から得点が入る。気持ちの緩みから相手にチャンスを与え、懸命な守備で一丸が痛めていた怪我を悪化させる。後半に入り相手の守備に倉本が負傷する。それでも追加点を重ねて勝利することができた。シュート24本で4得点。交代を全員使って失点0は良いが、シュート技術やコートを広く使った展開力に県内上位チームとの差を感じた。さあ選手権。最低条件である県2部昇格は決めた。怪我人が出たが毎日のTRを積み重ねてさらなるレベルアップをしていきたい。選手権でも厳しい戦いが続くが1戦1戦集中して、勝ち上がっていきたい。(近藤)
148633830374515063179_20190610175435.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント